和倉のロマンス

  • 2017.12.07 Thursday
  • 08:23

郷里の父の希望で、石川県和倉温泉

全国的に名前を知られる加賀屋さんではなく

「多田屋」

部屋からは能登湾能登島を望む絶景

まるで瀬戸内海のように穏やかな海面

朝、牡蠣を取る漁船…その後大きな虹がかかりました

IMG_3922.JPG

廊下に展示されている写真や調度品

IMG_3904.JPG

そして、新聞の記事に驚きました

IMG_3905.JPG

先々代の昭和初期のお話(写真の方は、先代女将)

駆け落ちして女将となった子爵令嬢、鍋島好子さんの悲恋

財産や名誉を捨てて、ひなびた温泉宿に飛び込み、

いつも明るく振舞っていたという

湯加減を見に行った好子さんは、誤って熱湯に落ち

42歳で亡くなられたそうです。

「花よりも団子といふはきょうたべたサンドイッチをしらぬ人なり」

好子さんの詠んだうた

リニューアルされた新館は、大正ロマンを感じさせるアールデコ調になっています

ブータン国王夫妻も宿泊されたそうです

IMG_3916.JPG

夕食に、ずわいがにの温泉蒸し、のどぐろ寒ブリのお刺身…

冬の北陸の味覚を堪能しました!

皆様も、ぜひ!

 

コメント
思いっきり自慢してますね・・・・・・いいなぁ!!
  • 市川市N
  • 2017/12/09 10:05 PM
そうです!
北陸の冬の味覚はそれはもう格別ですから!
太平洋側のように晴れた日は少なく、傘は手放せません。
それだけで何だか損をしている気になりますが、肌に優しい潤いと日本海の海の幸。
是非、体験して満喫してください!
  • 米分おかみ
  • 2017/12/09 11:43 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

時計

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM