六月大歌舞伎

  • 2018.06.21 Thursday
  • 00:19

今年の法人会の研修は

皆さんの要望で歌舞伎鑑賞でした

IMG_E7191.JPG

久しぶりです,歌舞伎座

六月大歌舞伎 昼の部

妹背山女庭訓 いもせやまおんなていきん 三笠山御殿】

文 屋 ぶんや

野晒伍助 のざらしごすけ

 

どの演目も、見ごたえ充分

花道のすぐ脇でしたので、

役者さんを間近に観られ

その息遣い、躍動感を感じる事ができました

IMG_E7192.JPG

なかでもとりわけ

【文屋】尾上菊之助の舞踊が素晴らしく、

瞬きももったいないくらい

体幹が鍛えられ、片足立ちして回っても揺れない

色白で、品格があり、うっとり見とれてしまいました

 

立役(男役)が女官の衣装を着て滑稽に振舞ったりするので

観客は、おかしくもあり飽きずに楽しめました

 

 

延寿會

  • 2018.02.28 Wednesday
  • 08:35

清元延寿太夫【延寿會】

歌舞伎座にまいりました

IMG_4897.JPG

六代目三十三回忌追善

七代目 延寿太夫 襲名三十周年

七代目 永寿太夫 襲名(ご次男)尾上右近

初代  斎寿   襲名(ご長男)

 

主人が、延寿太夫様(主人よりお若い)と昨年お友達になり

このおめでたい会に、夫婦で行くことがかないました

 

2部制で

1部は、清元流ゆかりの方や京都、新橋の花柳界の皆様の舞台

私達が観劇した夜の2部では

幕開けに中村勘九郎 七之助による『吉原雀』

いつも人情物やコクーン歌舞伎を見慣れているので

素踊りをじっくり鑑賞できて感激しました

IMG_4900.JPG

親戚筋の尾上菊五郎丈とご一緒の

『口上』も拝見できて

脈々と継承される伝統芸に日本人としての誇りを感じました

 

清元流浄瑠璃の唄や三味線は

歌舞伎にはなくてはならないもの

最後の素浄瑠璃『喜撰』では

笛や太鼓のお囃子方を含めて

30名あまりのご出演

素晴らしい演奏でした

そして

舞台の背景の絵はどれも、それはそれは春を寿ぐ華やかさ

写真撮影がかなわないのが至極残念!

一足早い春爛漫を感じました

着物姿のこなれた大勢の女性で

賑やかな歌舞伎座を出て夜空を見上げると

美しい春の月が輝いておりました

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

時計

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM